ナビボタン
 >  > 経費削減プランニング

経費削減プランニング

多くの経営者は売上の拡大を優先させ、経費の見直しを後回しにしていることが多いです。
しかし会社で使えるお金には上限がありまので、限られた資金をどこにどう配分するかは経営上の重要なタスクです。
経費削減は会社の資金を有効に使うという意味でも非常に重要です。

また会社の利益に注目した場合、経費削減は利益増と直結します。
そのためわずかな経費を削減するだけでも、売上換算するとその何倍もの売上額に相当する場合があります。

このように重要な経費削減ですが、経費には削っていいものと削ってはいけないものがあります。
ここを間違えずに行うために、経費の項目一つ一つを精査する必要があります。

財務コンサルティングでは、即効性があり、競争力を失わない経費削減プランニングをします。

service

私たちの解決策

私たちが会社の経費を見直す時は、闇雲に支出を減らすことだけを考えません。例えば、売上を作るのに必要な経費や、商品の品質に関わるような経費を削減することはしません。

まずは経費を分解する

最初に支払い項目を一つづつチェックしますが、損益計算書の経費項目をそのままチェックするわけではありません。
まず固定費、変動費に分類した上で各項目を確認します。特に固定費は取引先を変更するだけで年間に大きく削減できる場合もあります。

また損益計算書の項目もそのまま使うのではなく、その項目をさらに分解し、細分化してから各項目の費用が適正かどうかをチェックします。

経費削減プランを作るときは、将来の競争力が落ちたり従業員のモチベーションが下がるようなことがないよう、注意してプランニングしていきます。

トップに戻る